MENU

審査の緩い消費者金融

キャッシングでお金を借りるには、キャッシング会社の審査に通ることが大前提になります。
審査は「この申込者にお金を貸しても、返してもらえる人物なのか」というところを重点的に審査します。

 

ただ、この審査はキャッシング会社によって審査基準に違いがあります。
特に貸金業法の改正以降、大手消費者金融も審査が厳しくなったと言われます。

 

審査基準はそれぞれ違う

一般的に銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。
また、大手消費者金融も貸金業法の改正以降、銀行グループに参入した事もあって、以前と比べて審査が厳しくなったとも言われています。

 

審査は申込書に記入した項目と、信用情報機関の個人情報でおこないます。
それらの項目からコンピューターで点数を付けていき、合計点数が高ければ属性が高いと言われ、希望どおりの融資が受けられます。反対に、合計点数が低ければ、融資限度額が少なくなることがありますし、基準点に満たない場合は融資を断られる場合もあります。

 

中堅消費者金融へ申込むのも選択肢のひとつ

消費者金融には、名前がよく知られている大手消費者金融だけでなく、中堅と呼ばれる消費者金融もあります。中堅消費者金融は正規の許可を受けている業者で、主に地元に密着した貸金業を行っています。

 

大手消費者金融や銀行カードローンの審査、はコンピューターで審査をしますので、一つでも審査基準から外れると即座にはねられます。しかし、中堅消費者金融が顧客対象にしているのは、大手で借りられなかった人や過去に金融事故を起こした人も融資の対象にしているので、審査基準を少し緩くし、そのような人でも、現在の生活状況から判断して、融資をしている中堅消費者金融があります。

 

最近はインターネットの申込も可能なところも増え、地元だけでなく、全国的な展開で顧客獲得に努めているので、時間をかけて探せば「審査に通らないかもしれない」という不安を持っておられる方でも融資をして貰えるキャッシング会社がきっと見つかります。

 

ただ、お金を借りる時、安全性は勿論、確実にリスクを減らしてお金が借りられるかが重要になります。業者選びをする時は、正規の貸金業者なのかを確認する事が重要で、中には怪しい業者も存在するので、安全性が確認できなければ、絶対に手を出さないという意志が必要です。