MENU

キャッシングの与信

キャッシングで使われる言葉で「与信」と言葉があります。

 

「与信」とは文字通り、信用を与えるという意味で、キャッシング会社が申込者に与える借入の限度のようなものです。

 

また、与信枠ともよばれ、たとえば与信枠が50万円という場合、その申込者は50万円まで借りることができるという意味になります。

 

初期与信と途上与信

「与信」と言う言葉は1つの意味だけでなく「初期与信」と「途上与信」と言うように使われます。与信枠の決定は最初に申込審査段階で行われます。

 

キャッシング会社は申込が有ると、これまで積み上げてきたデータやシステム、ノウハウを利用して、申込者に貸し出しをしても良いかどうか、貸し出すとすればいくらまでなら貸せるかが決まるのが「初期与信」といいます。

 

「審査結果や貸付限度額がメールや電話で知らされる」というのがこの「初期与信」にあたります。

 

また、与信枠は初期与信で決まったものが、そのまま永続するわけではありません。
金融機関は、その後の利用状況などを、契約期間中随時確認しています。

 

これは「途上与信」と言って、信用情報機関の個人情報から利用しているローンの返済状況や、他社状況から、与信の適合性を審査しています。その時に、優良顧客と判断されれば与信枠の拡大(増枠)が、反対に危険な状態と判断されると、新規貸出が中止されることもあります。

 

クレジットカードのショッピング枠などの場合、良好な利用歴を重ねていけば与信枠が自動的に広がることもありますが、カードローンの場合は、返済実績がよくても、自動的に枠が広がることはあまりありません

 

キャッシングの増枠に関しては、利用者からの申込をもって、再度審査することになります。

 

与信枠が有る事のデメリット

キャッシングでお金を借りる時は少しでも多いほどよい与信枠ですが、与信枠は住宅ローンやマイカーローンなど、他の銀行商品を利用する時に影響してきます。

 

住宅ローンなどの融資を申込む場合「返済比率」が大きく影響してきます。

 

その場合、与信枠があれば「いずれその上限までお金を借りる場合がある」と判断され、仮に今キャッシングを利用していなくても、借入しているものとして計算されるので、住宅ローンに悪い影響を与えないためには、キャッシングの契約解除する必要があります。