MENU

審査は他社借り入れが有っても大丈夫?

キャッシングを長く続けている人の中には、現在のキャッシング会社以外に、新たな契約をしたいと考えている人もおられます。

 

すでに借入している方が、新たに別の業者から融資を受ける事は可能なのでしょうか?

 

状況次第で変化する

他社借入れ件数が2,3件程度なら、大手や準大手でも借入れは可能です。
ただし、現在借りているお金の返済を、遅れずに返済していることが条件なので、返済が滞っている人は、新たな融資は難しいと思ってください。

 

もし遅れているところがあれば、きっちりと返済を済ませ、一定期間おいてから申込する事が重要です。

 

2,3社程度の借入があっても大丈夫

申込者の年収や生活状況、債務額によっては、他社借入れ件数が2,3社あっても融資が可能です。 金融機関が審査で重視するのは、借入件数ではなく、返済能力を重視するので、年収と借入残高の関係から返済能力を調べます。

 

住宅ローンや固定電話などの有無、職業の安定感などが関わってきます。

 

大手ほど厳しくなる

キャッシングの審査は、厳しい順から銀行、大手消費者金融、中小消費者金融と言われています。

 

銀行の審査は厳しく、一度でも返済滞納すれば、まず借入れが難しくなってしまいます。
ですから、他社借入れ件数が多い人の場合は、「よほどお金に困っているのだな」と判断されてしまう為、銀行のような厳しい金融機関は審査に落とされやすくなってしまいます。

 

つぎに、大手消費者金融は銀行よりも窓口が広くなっているのですが、大手であるほど銀行に近い雰囲気があり、他社借り入れ件数が複数ですと、審査も難しくなってしまいます。

 

ねらい目は中小消費者金融

小中の消費者金融は、大手で借りられなかった人や金融ブラックと呼ばれる人も顧客対象としているので、借入れが困難かもしれないと不安を持っている人物あっても、審査に通過することがあります。

 

窓口の広い消費者金融は、トップページにもアルバイトやパートでも借入れ可能とうたっていたり、気軽さを演出したりしています。

 

借入件数が4,5社以上の人もいるのですから、上手に金融機関を活用すれば複数の機関から借りることができます。中小の消費者金融なら、より柔軟な審査になるので、他社借入れ件数が2,3社であっても、融資してもらえる確率は、高くなります。