MENU

審査で必要な書類とは

キャッシングの申込をする時に用意しなければならない書類があります。
即日融資でお金を借りたい時は、審査をスムーズに終わらせるためにも必要書類を事前に用意しておくことがポイントになります。

 

本人確認書類

消費者金融であれ、銀行カードローンで、あれ必ず必要になるのが本人確認書類です。

 

本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するもので以下のものになります。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート(写真およびご住所のページ)

 

外国籍の方は

  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

 

本人確認書類に記載されている住所と、現住所が違う場合

  • 納税証明書
  • 公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)
  • 社会保険料の領収証
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

これらのどれかひとつの写しが必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

 

収入証明書類
収入を証明する書類については、借入希望額によって違ってきます。

消費者金融の場合は、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借り入れが有る時は、その借入残高との合計が100万円を超える場合は必ず必要になります。

 

銀行カードローンの場合は、年収による制限がないので、収入証明書類の提出を求められるのは借入希望額が100万円以上の場合や、200万円、300万円以上の場合など、銀行によって違いがあります。

 

銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出を求められることが多いので、事前に用意しておいたほうが良いでしょう。

 

※公務員、会社員などの場合(パート、アルバイト、派遣など含む)

  1. 源泉徴収票(最新のもの)
  2. 確定申告書(最新のもの)
  3. 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

などが収入証明書類になりますが、金融機関によって違いがあるので、申込前に調べる必要があります。

 

※自営業、個人事業主の方

  1. 住民税決定通知書または課税証明書
  2. 納税証明書

など、金融会社が指定するもののうち、いずれかで準備しておきます。

 

必要になる書類は条件によって変わってきます。
中には再発行してもらわなければならない書類もあるので、申込先のキャッシング会社で何が必要なのかを調べておきましょう。