MENU

専業主婦のキャッシング

ご主人の給料だけで日々の家計をやりくりして乗り切っている主婦に、突然の出費があればどうしようかと迷ってしまいます。

 

そんな時、一時的にお金を借りるのならキャッシングやカードローンが利用できます。
ただし、現在は法律が改正されたため、専業主婦が利用できるローンがかなり限られています

 

専業主婦のキャッシング方法は2つ

まず一つ目は、2010年に改正された貸金業法に総量規制が導入され、総量規制が完全施行となったため、個人の借入可能額は年収の3分の1までと制限されるようになりました。

 

消費者金融のキャッシングは総量規制で年収がなければ融資が受けられませんが、総量規制には「例外」があり、その中の「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融への申込が出来ます。

 

もう一つの方法は、銀行カードローンは総量規制の対象外になり、年収に関係なく審査に通れば融資が受けられます。

 

消費者金融の配偶者貸付

「配偶者貸付」は、専業主婦のために設けられた総量規制の救済策です。
夫婦であることが証明できれば、夫婦の年収を合計した金額の3分の1以下まで貸付けることができます。

 

ただし、配偶者貸付には条件があり、

 

年収額を合算する2人が夫婦であること

 妻が専業主婦の場合夫に安定した収入があること

 

必要書類として妻の本人確認書類

 夫婦であることを証明する書類、たとえば住民票、戸籍妙本など

 

夫の同意書

 夫の収入証明書(所得証明書、源泉徴収票、確定申告(税務署の印のあるもの)など)

 

を用意する必要があります。

 

ただ、現在配偶者貸付を行っている業者はわずかで、大手消費者金融の場合はほとんどが、主婦にも収入が有ることが条件になっているので、実質的に無職の専業主婦は不可能という状態になっています。

 

銀行カードローンなら専業主婦でも大丈夫

銀行のローンは銀行法が適用されているので、総量規制の対象外となります。
そのため、審査さえ通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。

 

基本的には本人に収入が有ることが条件ですが、なかには配偶者に収入が有れば、専業主婦でも申込が出来るカードローンがあります。

 

たとえばイオン銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行など、徐々に専業主婦専用のカードローンが増えていますので、一度調べてみてはどうでしょうか。