MENU

おまとめローンに借り換える

2010年の貸金業法の改正以降、それまでに年収の3分の1近くまで借りていた人や、複数社からの借入があり、これ以上は借りられなくなったという人も少なくありません。

 

そういった人を対象にした商品が「おまとめローン」や「借り換えローン」があります。
これらのローンがうまく使えれば多くのメリットが生まれます。

 

おまとめでまとめるとどうなる?

複数の借入先を一つにまとめることで多くのメリットが生まれます。

  • 返済日が複数のため、常に気にしなければならない返済日が一日になる。
  • 1社にまとめれば、金利は下がる為、総返済額が少なくなる。
  • 借り換える事で新たな返済計画が立てられるので、無理な返済がなくなる。

というように、まとめることでストレスから解放されます。

 

ただし、おまとめローンにも審査があります
審査は借入金額が多くなるので、一般の審査と違い厳しくなります。

 

しかし、現在の苦しい生活から解放されるためには、申込をしてみる価値はあります。

 

審査に通るためのポイント

おまとめローンは複数社からの借入をひとつにまとめるので、一社での借入金額が多くなり、さらに一般ローンと違い審査は厳しくなります。

 

おまとめでまとめたい時は審査に通りやすくすることが一番で、申込先も重要になり、銀行カードローンなら、現在の金利より間違いなく金利は下がります。しかし、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しく、審査に通らなければ何の意味もないので、銀行カードローンより消費者金融のほうがおススメです。

 

金利をおさえてまとめる

また、当然の事ですが、現行の金利より低い金利でまとめることが重要です。

 

基本的に現在の利息制限法では、
10万円までは20%、10万円以上100万円までは18,0%、100万円以上は15,0%を越えてはならないと決められています。

 

たとえば現在3社から50万円ずつ18,0%で借りているとすると、まとめてしまえば最低でも15,0%になるので、利息は少なくなります。

 

おまとめは年収の3分の1を越えても大丈夫

消費者金融のキャッシングは原則年収の3分の1以内ですが、おまとめローンは、年収の3分の1を超えた部分について、審査で返済ができると判断すれば、貸付してもよいということになっていますので、申込できるかというような心配をする必要はありません。