MENU

銀行カードローンでキャッシング

最近はほとんどの銀行がカードローンの顧客獲得に積極的に取り組んでいますので、銀行カードローンの間口も広くなり、自分の環境に適したカードローンが選べるようになっています。

 

小口融資に積極的になった銀行

銀行でお金を借りると言えば、住宅ローンやマイカーローン、不動産担保などの大口融資というイメージがあり、簡単な手続きで融資が受けられるカードローンは、ほとんどの人が銀行は手を付けないだろうと思っていたと思います。

 

ところが、0年ほど前からカードローン市場に銀行が参入し始めました。
それまで、銀行がお金を貸す時は担保・保証人を付けて融資していたのが、無担保で貸すはずはないとの見方が、消費者金融業界にありました。

 

しかし、現在の銀行カードローンは完全に大手消費者金融と同じ水準、もしくはそれ以上のサービスで、積極的な融資をおこなっています。

 

保証会社の保証が優先される

銀行と消費者金融のカードローンで大きく違うのは、保証会社の有無になります。
消費者金融の申込条件で保証会社は必要ありませんが、銀行カードローンの申込条件は「保証会社の保証が受けられる方」となっていて、保証会社の審査を受けて保証してもらえることが融資条件になります。

 

ですから、第一関門で保証会社の審査を受けて、審査に通れば銀行の審査を受ける事になります。ほとんどの場合、銀行カードローンの保証会社は、同じグループ内の、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が保証会社になっています。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行なら「アコム」三井住友銀行なら「プロミス」のように、グループ内の大手消費者金融が保証会社になっています。

 

保証会社の役割とは

銀行カードローンの保証会社とは、住宅ローンの保証会社と同じようなもので、利用者が延滞や債務整理などをして支払いが不能になった時、保証会社は利用者に代わって銀行へ代位弁済し、それ以降は、保証会社から請求や回収をするようになります。

 

つまり、顧客が問題なく返済すれば保証会社の出番は無いのですが、何かあった時は保証会社が代位弁済してくれるので、銀行にとってはリスクがありません。

 

小口融資は原則無担保・無保証ですが、銀行カードローンに限って言えば、保証会社が保証するので、以前と比べて審査に通る確率は高くなっています。