MENU

キャッシングでお金を借りる時は必ず審査を受けなければなりません。

 

お金を借りたいけれど、「お金を借りたいけど審査に通るか不安」「1度落ちた経験があるから再度申込んでも駄目かも」という心配をされている方もおられます。

 

キャッシングンの審査でなぜ落ちたのかの理由は説明してもらえませんが、1度くらい審査に落ちたからと言って、後は全部駄目という事はありません。ただ、それにはある程度の条件を満たしている必要はあります。それさえ満たしていれば心配はないと言えます。

 

基本的な申込条件

最低でも満たしていなければならない基準は、

  • 仕事をしていて安定した収入があること
  • 年齢が利用できる年齢であること(満20歳〜65・69歳までの方)
  • 勤務先が明確であること

が条件です。

 

収入に関しては、パートやアルバイトの月○万円の収入でも全然問題ありません。ただ、収入が低いとその分かりられる金額も低くなります。

 

収入が全く無い主婦であっても配偶者に収入があれば銀行系のカードローンならお金が借りられるカードローンがあります。

 

 

年齢については、基本は20歳以上69歳以下です。
(レイクは満70歳までOKなので、安定した収入が有れば70歳でも申込が出来ます)。

 

 

最後に勤務先が明確であることが重要です。

というのも、審査で在籍確認が行われますので、勤務先もきちんと連絡が取れなければなりませんちょっと困るのが、派遣社員や、大規模チェーン店でアルバイトしている方は、本部の住所を書けばよいのか、実際に自分が働いている勤務先のどちらで書いていいかわからない!ということです。

参考までに
・派遣社員の方は派遣元の会社の情報を書いてください。
・アルバイトの方は働いている店舗の情報を書いてください。

 

ただし、キャッシング会社によっては「派遣先、本部の連絡先も教えてください」とお願いされることもあります。

 

「お金を借りたいけど審査が不安な人」へのアドバイスですが、とりあえず「収入」、「年齢」、「住所・勤務先の情報」がきちんとしていれば大丈夫です。

 

審査が厳しいと言っても、お金を貸すのが仕事で、問題が無ければ出来るだけ貸し出したいと思っているので、そんなに心配しなくて大丈夫です。

 

一度審査に落ちて不安と言う方

既に審査に落ちて「新たに申込をしても、審査に通るかどうかすごく不安という人は、自分の信用度をもう一度見直すことがポイントです。

 

ちなみに、一般的に銀行系のカードローンは消費者金融系に比べてかなり審査が厳し目なので、銀行系のカードローンに落ちてしまった人は、消費者金融系に申込みましょう。
この場合審査基準がまったく違うので、まだ心配する段階ではありません。

 

審査の厳しさを比べると、中堅消費者金融系<大手消費者金融系<銀行系カードローン となります。

 

基本的には以前申込をした金融機関より難易度の低いところへ申込をしてみましょう。
ただ、自分のスコアリングが低いのにもかかわらず、銀行系から申込するのはナンセンスです。

 

パートやアルバイトの場合、年収が200万円以下という場合は、消費者金融系から申込を始めることをおススメします。

 

自分の信用度を評価してみる

審査はコンピューターでスコアリングモデルを使い、総合点で申込者の属性を評価します。

 

スコアリングモデルについては各社で違いが有るので、同じ消費者金融系でも審査基準が異なります。そのため「A社で落ちたけれど、B社では通った、」ということも多くの確率で起こっています。

 

では、スコアリングはどういう基準で行われているのかを見てみましょう。
口コミ情報や元社員などの情報から得た結果は以下のようになっています。

 

審査で重要視される項は、「年収」「勤務先」「勤続年数」「他社借り入れ状況」などになります。

 

年収

当然、多ければ多いほど良いわけですが、少ないからと言ってキャッシングが申込めないかと言うと、そういうわけではなく、年収に見合った限度額が決まります。

 

ですから、年収が多ければ多いほど融資限度額が高くなります。
ただ、年収が200万円以下の方は、銀行系で申込むより、消費者金融系をお勧めします。

 

勤務先・勤続年数

評価が一番高いのが公務員です。
続いて、大企業、中小企業、派遣社員、パートアルバイトと続きます。

 

自営業者は規模が小さいと良い評価を受けるのは難しいです。
派遣社員で正社員と同じレベルの勤務形態や、収入なら銀行系カードローンの審査に申し込んでも大丈夫と言われています。

 

他社での借入状況

スコアリングで「この人ならどれくらい貸しても大丈夫か」という数値を出すわけですが、他社にすでに借入れがある場合は、借入残高を引かれます。

 

たとえば、100万円まで貸せる内容で、他社に40万円借入れがあれば、60万円しか貸せないと判断します。あと、金額は別にして3社以上の借入件数はかなり難しくなります。

 

消費者金融へ再挑戦

消費者金融は大手消費者金融もあれば、中堅消費者金融もあります
すでに大手消費者金融系の審査に落ちてしまっている人は、1回だけなら相性が悪かった可能性がありますので、試しに他社へ申込んで見ましょう。

 

A社でだめだったけどB社は通ったという書き込みも多くみられます。
それでも駄目なら、中堅消費者金融系業者に申込んでみるのをお勧めします。

 

正規の中堅消費者金融なら安心ですし、多少融資限度額は低くなりますが、審査に通る確率は高くなります。
更新履歴